<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

陶芸は愉しい」no,3

手ひねり初級講座で10点もの作品が作れて初心者は大満足。
全員が続いて中級講座に進みました。
大変丁寧で、親切で、判り易い素晴らしい先生でした。(土曜、鈴木真紀先生)全8回   
中級では、ひも作り、板つくりによるランプシェード。板つくりの大皿でした。
8回の講座での工程です。全員作る作品はそれぞれ違います。
第1回(8//31)ガイダンス、ひも作りによるランプシェード[赤土3kg]
    直径25cmの丸く,上部が空いた形に作成
第2回(9/7)削り、穴あけ。穴はノートルダムの丸窓を想像して開ける
第3回(9/14)穴空け仕上げ ケーキのハート方抜きや★型を利用し空ける。 面白い!
第4回(9/21)板つくりによるランプシェード (白圡3kg)組立、穴空け
    メトロノーム型でXmasツリーを連想しつくる。、ツリーの上に大きな★を付けて、
    星から光が滝の様にこぼれ落ちる。小さな穴で表現してみる。
第5回(9/28)ランプシェード釉かけ、仕上げ
    穴あけが手間取り仕上げ、釉薬までなかなか進まず苦労する。穴を細かく 
    空けすぎたのと道具の工夫の余地が有った。
第6回(10/5)ひも作りによる大皿(900㎠以内)(黒土2kg)
底は1cm位、一握りの粘土で紐を作り四角く支えを作り、紐状の粘土で外側から四角の中心に向かい    形作る。厚みを均等に。真四角な大皿。
第7回(10/12)茉衣の七五三の為1/14月曜に振り替えて頂く
    削りと化粧。底が平たく大きいのでサンドペーパーで磨く。
第8回(10/26)絵付け、釉薬かけ絵付けはしなかったので、ブルーグレーった様な釉 流れる様にかける。き    らきらと結晶の様に浮かびでる。
    手ひねり中級終了。作品です。f0000459_18402879.jpg
f0000459_18414716.jpgf0000459_18421340.jpg
[PR]
by minibaimo | 2016-07-09 18:43

カサブランカが咲いた

昨秋、3個の球根を頂き鉢で栽培しようと植えつけました。
マンションのベランダなので日当たりが気に成ったけれど春先に芽映え、
ひょろひょろと背丈が伸びてきた。
6月の初めには蕾も10ケ見えてきた。毎朝ご機嫌伺いを!
この2~3日は今日は開いたかな?まだでした!を繰り返していました。
今朝は4輪開きました。他の蕾も解けそうなので間もなく全輪開花しそうです。
全開を待てずアップしました。良い香りが漂ってきます。f0000459_18484656.jpg
[PR]
by minibaimo | 2016-07-08 18:34

陶芸は愉しい!

手びねりの体験教室の後、少し楽しんでみようかな?と気持ちが動く。
ネット検索、現地訪問で5/18日にスタートする【手びねり初級教室】を見つける。
丁度誕生日!この日にスタートするのも何かのご縁!
受講日程:全8回・受講時間:午前、午後共各2時間30分。受講料:¥12,600-
第1回のガイダンスから始まり、土練りの練習1,2,
つまみ出し、ひも作り、タタラ板作り、等の技法での小鉢、湯飲み,鉢、花器、板皿作り。
絵付け、釉薬がけの基本的な工程。削りの工程など8回が終わる7/13日まで夢中で勤しむ。
六角鉢、大鉢、大どんぶり、板皿、木の葉皿等々。
2年ほど前に飛び上がって喜んだ作品たちです。f0000459_23332477.jpgf0000459_23342768.jpgf0000459_23381024.jpg
[PR]
by minibaimo | 2016-07-06 23:41

トウインクル・ミニトマト

要冷蔵!で湯沢から荷物が届いた。
毎週の様に湯沢のマンションに通い、
借り入れた敷地で農作物を丹精している娘婿からのプレゼント、
【トウインクル・ミニトマト】でした。
山からの清水で綺麗に洗い真っ赤に熟した冷たいミニトマトは
フルーツそのもの!さくらんぼより甘く美味しい!
苗植え・有機栽培・肥料は腐葉土・発酵鶏糞と
細心の注意と気配りで毎年届けてくれる嬉しいプレゼント。
美味しく頂きます。f0000459_22421621.jpg
[PR]
by minibaimo | 2016-07-06 22:44

陶芸は愉しい!

横浜三溪園南口近くに閑静な陶芸教室が有る。
2年ほど前の散策帰りに【一日体験教室】の張り紙見つけ飛び込んでみた。
時間:1時間30分 料金:1,500-
若い男の先生が手本を見せてくれながら、手びねりで湯呑、カップの作り方を教えてくれる。
幼稚園以来、数十年振りに粘土を捏ねる。わからない成りに面白い。
こねこねとあっという間に時間が経ち、何とかコーヒーカップ擬きの形が出来た。
”一か月後に焼き上がっていますから、取りに来てください”と先生。
こんなに簡単に自分でカップが作れるの!チョットワクワクしながらひと月後に取りに行く。
それが処女作のmy cup です。そして陶芸が愉しくなった始まりです。
f0000459_22434443.jpg

[PR]
by minibaimo | 2016-07-03 22:53