<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

超格安、京都二泊の旅

JTBの募集記事【のぞみで京都往復、ホテル京阪京都に2泊¥24、600-(土曜、日曜、月曜、)】に飛びついて、真夏の京都見物をする事にした。暑いのは承知の上、涼を求めて鞍馬に行き、鞍馬山を超えて貴船神社迄下り、貴船の川床料理に舌づつみの趣向を考えた。一日目は息子家族の住む枚方のマンションで可愛い孫達と遊び、御馳走になり、結局一泊してしまった。
f0000459_2173497.jpg

翌日午後、京都駅から地下鉄、電車、叡山電車と乗り継ぎ一時間程で鞍馬駅に着いた。山深さを
感じながらケ-ブルで多宝塔迄上り、そこから階段でおよそ200段本殿金堂に、(宇宙の大霊であり大光明、大活動体)の尊天に参り、さて、貴船神社まではと聞くと400段上り奥の院。600段下って貴船、約50分。来たからには行こうと階段、山坂の急勾配を進む。ほとんど人影も見えず心細さと、巨木の根っこの突き出る山道に悲鳴をあげながら何とか貴船神社に辿り着いた。貴船川の清らかな流れにホット一息着いた途端、、大粒の雨と雷!約一時間社務所で雨宿り、待望の川床は
びしょ濡れで哀れ葦簾だけが雨に光って見えた。幻の川床料理に終わってしまった!上下1200段の苦労は何だったのだろうか!
f0000459_218310.jpg

[PR]
by minibaimo | 2006-08-29 17:49

化け地蔵

f0000459_10595342.jpg

光子〓
孫と日光東照宮へ出掛けた。世界遺産の陽明門、鳴き竜、三猿、眠り猫、奥の院と見学した後、化け地蔵に行きたいと言う。う~ん何処だろう?ランチに寄った金谷ホテルで聞いて見る。
東照宮の先、田母沢(タモサワ)のバス停から大谷川に沿った憾満ケ淵に有ると言う。大正天皇のご静養地を廻り川沿いに20分程行くと 苔蒸した岩に沿っておびただしい数の地蔵が赤い布を垂らし
並んでいる。奇勝憾満ケ淵(カンマンガブチ)の渓流の音と静まり返り人影も疎らな地蔵の列に いささか薄気味の悪さを覚える。そんな中行きと帰りとでは、数えた地蔵の数を間違ってしまう事から 並び地蔵、通称(化け地蔵)と言われている。5人で数えた数が全員バラバラで私は行き帰りの数を間違ってしまった。(90体有るらしいが孫の発想で行けた面白い史跡だった。)
[PR]
by minibaimo | 2006-08-12 10:59

カマキリの赤ん坊!

台風7号接近か?の前日 あさがおの葉っぱに何か居る。
保護色か緑色のカマキリだ!
カメラを近づけると威嚇するかの様に尾を持ち上げる。
まだ 羽が無いので脱皮前かもしれない!
カマキリは7回も脱皮すると聞いた事が有る。
日本には10種類程いるらしいけれど、どの種類か判らない。
外敵に襲われず、大きくなって欲しいと願うばかり!
(オオカマキリ、チョウセンカマキリ、ハラビロカマキリ、コカマキリ、ヒナカマキリ)
f0000459_1624460.jpg

[PR]
by minibaimo | 2006-08-09 16:24

長岡の尺玉花火!

長岡の花火は 再三の災害の復興を願う想いの深い大会の様だ。
信濃川の両岸の堤防が40万人に近い人々であふれ、名物の尺玉が暗黒の上空で花開き
頭上から降り注ぐ様は ただただ息を飲むのみ 言葉では表わせない感動であった。
夕暮れとは言え 真夏の暑さは容赦なく照りつけ2時間近く待った開始7時30分!
尺玉、二尺玉、三尺玉、百連発と2時間に及ぶ競演の最後は
中越地震からの復興を願う{フェニックス}で華麗に幕を閉じた。
f0000459_1164311.jpg
f0000459_119439.jpg
f0000459_1174855.jpg

[PR]
by minibaimo | 2006-08-05 11:08